東芝、6分間の超高速充電で320km走行可能にする次世代リチウムイオン電池

株式会社東芝は10月3日、従来品の2倍の容量を持つ負極材を採用した「次世代リチウムイオン電池(SCiB)」の試作に成功したと発表した。

(中略)

本SCiBを用いることで6分間の急速充電で、従来のリチウムイオン電池を搭載するコンパクトEVと比較して走行距離を3倍の320km(※32kWh電池容量搭載のコンパクトEVを想定したJC08モードでの走行距離換算)に延長可能という。

おそらく電解質は液体だと思うが、それでここまでの大容量化と充電の高速化を実現したのはスゴい!

広告

東芝のSCiBを採用していたEVといえば、ホンダのFIT EVや三菱のiMiEVなど。この新型SCiBがあればトヨタの全固体電池と戦えるかも!?

しかし、せっかくこんな画期的な成果が得られたのに、ウェスチングハウス(WH)の株式取得がどーしただの、東芝メモリの売却がこーしただの、ネガティブなニュースに全てかき消されてしまうあたりが今の東芝の悲しさよね。