経産省が「FCV」の普及を後押し!水素ステーション拡大に向け規制緩和へ

外部電力を使って走行するEVが増大した際、必要となる大量の電力確保のための本末転倒な環境汚染を招かないためにも、水素と酸素の化学反応により自前で発電しながら走行できるFCVの普及が望ましいとする考えこそが日本の大手自動車メーカーがFCVを「究極のエコカー」として位置付けている所以という訳です。

広告

究極のエコカーwwww(死語)

経産省の敷地に穴でも掘ったら水素が湧き出してくんのかよ!?