スイス、約60年ぶりモータースポーツ開催解禁。チューリッヒFEが決定

長らくモータースポーツのレース開催が禁止されてきたスイスで、第4シーズン(2017/18年)よりフォーミュラEが開催されることが決定した。

スイスでモータースポーツが禁止された理由については、1955年のル・マン24時間レースまで遡る。この年はレース中にクラッシュしたマシンが宙を舞い、観客席に落下。そのマシンが炎上するなどして、多数の観客が亡くなった。また1955年はF1王者アルベルト・アスカリがテスト中に事故死するなど、モータースポーツによる死亡事故が相次いだ頃でもあった。そのためヨーロッパではモータースポーツを危険視する意見が増え、スイスではモータースポーツの開催が禁止されることになった。しかし2015年にはそれも緩和され、この度フォーミュラEの開催が決まった。

広告

確かにスイスでモータースポーツってあんまり聞いたこと無かったけど、禁止だったんですね。

FE唯一のスイス人ドライバー、セバスチャン・ブエミも大喜びだそうで良かったね〜。

日本でも早く開催されないかなぁ、皇居ePrixとか・・・!