えっ、これ電動バイクなの!? フランス発・流線形カウルのレトロ調スクーター

やっぱり金属を叩いて加工したのかな?

フランスのサン=カンタン近郊で活動するShiny Hammerは、有機的な曲面カウルを装着した風変わりな電動カスタムバイク『Hope』を製作し、公開しています。もともとスクーターだったという車両は大幅にその外観を変え、流線型のボディはまるで戦闘機か潜水艦のよう。これが未来の電動バイクのスタイルなのでしょうか?

四輪はビジネスの規模が大きいせいか、政治的な思惑やらポジトークやらが溢れててギスギスした話題が多くなりがちですが、二輪はなんか遊びゴコロがあっていいよね!

28馬力のモーターを搭載し最高速度は時速130km、最大巡航距離は230kmだそうです。

ベース車両となったVectrixのVX-1はコレ。

広告

もうこれはカスタム車両の勝ちでしょ!

中身や製造工程はよくわかりませんが、仮に足回りと外装を付け替えるだけでここまでできるのであれば、それこそ専用の二輪工場なんかじゃなくEMSなんかでも十分に対応可能な気がしますね。

なんて思ってたら、Vectrixの工場の動画がありました。

部品の種類も数も少なっ!

出荷前にシャシダイナモでの出力チェックのようなことをやる以外は、製造工程は家電なんかと同じような風情。

サイズ的にPCやスマホの製造ラインでは対応できないだろうけど、電動バイク専門のEMSなんかが現れるとファブレス企業が個性的な電動バイクが出してくるかもしれませんね。

そういえば、世界最大のEMS・鴻海精密工業の郭台銘会長がEVの製造に興味を示していることも度々報じられています。液晶テレビの横でEVが作られる時代、あながち無いとも言い切れないでしょう。

未来のEVビジネスの可能性を感じさせるカスタムバイクでした。