ホンダが都市型EVのコンセプト「Honda Urban EV Concept」を発表、2019年の市販を前提

Honda Urban EV Concept unveiled at the Frankfurt Motor Show

自動車メーカーのホンダが、初代「シビック」をほうふつとさせるEVのコンセプトカー「Honda Urban EV Concept」を2017年フランクフルトモーターショーで発表しました。将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示すというこのコンセプトモデルをもとに、ホンダは2019年にヨーロッパ市場に新型EVを投入する予定です。

ホンダが2019年に投入を予定している新型EVのコンセプトモデルが発表された。

まず目を惹くのがそのデザイン。

昨今のEVは右を向いても左を向いても近未来的なデザインばかりである中で、レトロモダン路線を狙ったという目の付け所は良いのだが・・・。

 

以前どこかでお会いしたことありますよね?そうか、フランクフルトモーターショーってドイツだもんね、ご当地ネタっつーことでVWに寄せてきたのか!(納得)


冗談はさておき。

気になる航続距離などのスペックは公表されていないのだが、ボディサイズがフィットよりも100mm短いとのことで、いわゆるBセグメントに相当する。

広告

余計なお世話かもしれないが、ハッキリ言ってこのコンセプトのままではかなり厳しい戦いを強いられることとなるだろう。

というのは、このクラスは実用性と経済性が重要な大衆車セグメントであり、テスラやアウディのようにバッテリーを大量に搭載することで航続距離のネガを払拭し、価格が多少高くても高付加価値・高性能で押し切るという売り方ができない。

そうなれば、市場で競争力のある水準まで車両価格を下げようとするとバッテリー容量を絞らざるを得ず、航続距離が犠牲となる。

ホンダのEVは今年発表されたアコードクラスのクラリティ・エレクトリックですら航続距離がたった128kmしか無かった。

2019年の段階でどこまでバッテリーの性能が伸びるか分からないが、新型リーフが400kmなんていう数字を叩き出している状況を鑑みると、「都市部ならせいぜい200kmも走れば十分だよ!ほーら、走行データによると¢£%#&□△◆■・・・」なんて苦しい言い訳をしたところでユーザーの心に響かないだろう。

実際、三菱のiMiEVはこの路線でコケてるんだよね。まあ2019年までまだ2年もあるし、出る頃にはきっと良くなってると思いますけど。