スズキやスバルにも参加要請へ トヨタのEV開発

トヨタ自動車は、マツダと共同で進める電気自動車(EV)の開発について、スバルなどの出資先や提携協議中のスズキに幅広く参加を要請していく方針だ。複数の関係者が明らかにした。世界各地で強まる環境規制を踏まえ、関係の深いメーカーと連携し先行企業を追う。

かねてから「EVは参入障壁が低い」と言われてきた。

このため、技術レベルが低いメーカーや新興企業でも生き残る道があるかと思われたが、ここにきて逆に提携が加速する状況となっている。


良くも悪くも、EVはエンジン車に比べるとパワートレインの個性が出づらい。

広告

このため、積極的にパートナーシップを結ぶことで、バッテリーやインバーター、モーターなど、いずれコモディティ化する基幹部品は思い切って共用化することでコストを下げ、余った経営資源を各社の差別化に割いたほうがEV時代の共存共栄に有利であると判断したのではないだろうか。

そう考えると、今はトヨタ陣営と日産/三菱陣営、そしてホンダと3つに別れているけれど、この流れが行き着くところまで行ってしまうと、「日の丸連合」として基幹部品を担う会社が設立されても不思議ではない。

でも「日の丸連合」って、半導体(エルピーダメモリ、ルネサス)やら液晶パネル(ジャパンディスプレイ)やら、あんまり良いイメージ無いんだよな・・・。