EV電池 走行距離2倍 GSユアサ、ガソリン車並みに

GSユアサは電気自動車(EV)が1回の充電で走れる距離を2倍に伸ばす新型電池の量産を2020年にも始める。現行の一部EVはフル充電でもガソリン車の半分程度の距離しか走れなかった。新型電池で走行距離をガソリン車に近づける。EVは充電設備の少なさが普及の課題とされている。技術革新によりEVの実用性が高まり、普及が加速する可能性がある。

広告

トヨタの全固体電池の実用化が2022年と報じられたばかりだが、GS YUASAの新型バッテリーは2020年!製造はリチウムエナジージャパンが手がけるということなので、三菱(日産&ルノーも?)のEVに搭載されるものと推測されます。

詳細情報がまだ出てきてないので、とりあえず今日はGS YUASAの株価と、イーロン・マスクのtwitterの荒れっぷりを楽しみましょう。