究極のエンジン動け 環境性能 EVと競争激化

内燃機関(エンジン)は自動車の心臓部だ。現在、環境性能が非常に高い「究極のエンジン」の研究開発が、自動車メーカー9社と全国の大学などのオールジャパン体制で進んでいる。海外では、フランスと英国が2040年までに自国内でガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を公表。モーターで動く電気自動車(EV)などへ移行が加速するとみられる中、研究者らは今後もエンジンを主役とするべく、技術革新に挑んでいる。

広告

一見すると日本の技術力に期待するような論調の記事であるが、逆説的にはエンジン技術で高い国際競争力を誇っていても、すでに産学が束になり「オールジャパン体制」で望まないとビジネスが成立しないほど内燃機関の伸び代は少ない、ということを如実に物語っている内容である。

このことを踏まえて、エンジン技術で劣る欧米や中国の企業が、産(官)学を挙げてまでこのフィールドで日本勢に戦いを挑むだろうか?答えは自明であろう。