日電産社長、EV関連モーター「千客万来だ」 需要は旺盛

日本電産(6594)の永守重信会長兼社長は26日午後に都内で記者会見し、電気自動車(EV)向けモーターの需要動向について「千客万来だ」と語った。フランス政府が2040年にガソリンやディーゼルエンジン車の販売を禁止すると宣言したことなどを背景に、EV関連製品の需要が強まっているという。

広告

EVの性能を決める基幹部品といえばバッテリーであるが、重要であるがゆえに業界問わず技術開発が活発で、見方を変えれば常に厳しい競争が強いられる分野であるともいえる。

一方で、モーターやインバーターはバッテリーほどのイノベーションは少なく、かといって他の技術で代替可能でもないということで、実はこれこそがEV時代の勝ち組なんじゃないかと思う今日この頃。

地味だけどね。