英国、2040年からガソリン車とディーゼル車を販売禁止へ

 7月25日、英政府は、2040年からガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を26日に発表する見通し。大気汚染対策の一環で、電気自動車(EV)への完全移行を目指す。写真は首都ロンドン中心部で2014年2月撮影(2017年 ロイター/Olivia Harris)

英政府は、2040年からガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を26日に発表する見通し。大気汚染対策の一環で、電気自動車(EV)への完全移行を目指す。現地有力紙などが報じた。

イギリスではHEV(ハイブリッド車)までも禁止となる、かなり思い切った政策となるようだ。

世界中でエンジン車禁止の動きが相次いでいる。

広告

現実的には電力供給や充電インフラをどうするのかなど課題はあるが、かつてのマスキー法のように規制がイノベーションを主導することになるであろう。

フランス

ドイツ

インド

オランダ

ノルウェー