トヨタが全固体電池車 充電数分、22年国内で

トヨタ自動車は、現状の電池よりも飛躍的に性能を高めた次世代の「全固体電池」を搭載した電気自動車(EV)を2022年にも日本国内で発売する方針を固めた。現在のEVの弱点である航続距離を大幅に延ばし、フル充電も数分で済む。車載用では世界初の実用化になるとみられ、EV開発で欧米メーカーが先行する中、革新技術の導入で巻き返しを図る。

広告

これはもしかして、内燃機関終了のカウントダウン開始ですか!?

実際のところ、フル充電を数分で行おうとすると現行のCHAdeMOなんかではとても出力が足りないのでインフラ側のイノベーションも不可欠なのだが、非常に楽しみなニュースである。