GLMとボッシュエンジニアリングが共同開発

モビリティの電子制御システム分野において開発、適合などのエンジニアリングサービスを手がけるボッシュエンジニアリングGmbHの日本法人であるボッシュエンジニアリング株式会社は、GLM株式会社(以下GLM)が2019年に量産を予定しているEVスーパーカー「GLM G4」(以下G4)にVCU(Vehicle Control Unit)の搭載を目指して、GLMと共同で開発を進めています。

先日、香港の投資会社との資本提携が報じられたばかりのGLMだが、今度は独ボッシュ子会社との業務提携である。

広告

GLMは新興メーカーであるがゆえ、何でもかんでも自前開発をすることはできないだろうし、同社のスタンスとしてもやるつもりはないだろうけど、GLMは完成車のみならずプラットフォームの外販ビジネスの展開も予定しており、EVの普及に乗じてバリューチェーンの拡大を狙っている部品サプライヤーにとっては絶好のパートナーと言えるのではないだろうか。