EV充電設備、AIで効率配置 東大が新手法

東京大学の吉村忍教授らは、人工知能(AI)によって電気自動車(EV)の充電設備を効率よく配置する手法を開発した。交通量やEVの走行状況などから、どの地域で必要になるかを点数化して示す。EVの普及に不可欠な充電インフラの整備に役立つ。

あるよねー、いつも空いてる充電器や、逆にいつも誰かが使ってる充電器。

広告

EV充電器の設置を考える上で難しそうだなと思うのは、通りすがりの人の利用だけではなくて、自宅に充電器を持たない特定の近隣住民が専有してしまっているパターンがあること。

充電時間がもっと短くなるか、充電器の設置で金が儲かる仕組みがあれば良いのにね。