旭化成とGLMが生みだした次世代EVコンセプトカー

GLMと旭化成は5月17日、スポーツカーとSUVを融合した次世代クロスオーバー車のEV(電気自動車)コンセプト「AKXY(アクシー)」を共同開発したと発表した。同モデルは5月24日~26日に開催する「人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」の旭化成ブースで一般公開される。

先日、GLMのトミーカイラZZの試乗レポートの中でこのように書きました。

テスラとGLMのラインアップと並べて見ると、

テスラ・ロードスター = トミーカイラZZ
テスラ・モデルS = G4
テスラ・モデルX = ?
テスラ・モデル3 = ?

・・・実際、ありそうなシナリオじゃない?

広告

ハイ、来ましたよ!GLM版のテスラ・モデルXに相当する(ように見える)モデルです。このモデルについてはいろんなメディアで取り挙げられているので紹介は割愛します。

先日のGLM G4の発表の席で同社CEOが「和製テスラではなく和製フェラーリを目指す!」と息巻いてましたが、このラインナップ戦略だとますますフェラーリなんて狙ってないだろ!?って感じ。

一般ユーザーはともかく、このへんは投資家の目にどのように映っているのだろうか。次にモデル3みたいな、数を稼ぐことを狙ったモデルが出てくるようであれば、素直に「和製テスラ」って自称したほうがベクトルが定まってスッキリすると思うけどね。