MotoGP、2019年より電動バイクのクラスを導入!

MotoGPやワールドスーパーバイク選手権シリーズの商標権を持つドルナスポーツ社のカルメロ・エスペレータCEOは、電動マシンによるレース・シリーズが開催されることや、2019年に多くて5回のサポート・レースが行われることを、同サイトのインタビューで認めた。各レースの周回数は少なくとも10ラップで、全てのチームが同じマシンを走らせるワンメイク・レースになる予定だという。「我々は既に4社からスポンサーの申し出を受けている」とエスペレータ氏は語っている。

近年、モータースポーツ業界でも電動化がひとつのムーブメントになりつつある。良く知られているところでは、

  • フォーミュラe
  • エレクトリックGT
  • パイクスピーク・ヒルクライム
  • マン島TT

など。あと、今年はダカール・ラリーでEVが初完走を果たしたり、エンジン車と混合のモトクロスレースで電動バイクが好成績を収めるなど、以前に比べると性能のほうも格段に進歩している。

そんな中で、ついにMoto GPにも電動クラス設立のニュースが飛び込んできた。概要は

  • 開催年度:2019年から
  • レース回数:最大5戦/年
  • 周回数:最低10ラップ
  • 車体:ワンメイク
  • 参戦台数:18台
  • 最高速度:200km/h
  • 参戦予定チーム:Moto GPのプライベートチーム、Moto2参戦チームなど
  • その他:レース車両の充電はソーラーパネルで行なう

というものだ。最高速度200kmとなれば、動力性能はMoto3クラス(250cc)同等だろうか。

気になるのはワンメイクのマシンを手がけるサプライヤーだ。

現在Moto GPに参加しているメーカーで電動バイクに最も熱心そうなのはヤマハであり、これまでにわりと攻めたコンセプトモデルを公開してきた。

広告

一方、ホンダも同社に関係の深い無限がマン島TTで活躍していることを考えるとこちらも有力候補か。カワサキもNinjaっぽいスタイリングの電動バイクの特許を出してるから、しっかり開発はやってそう。

KTMも先日のスパイショットの件もあるので、無きにしもあらず。

Formula eの繋がりだと、意外とマヒンドラ、プジョー(シトロエンDS)あたりが名乗りを上げたりして。

スズキ、ドゥカティ、アプリリアは・・・、どうなんでしょう?

ワンメイクレースのマシンは車体の供給能力や品質水準の維持など量産に準じた能力が求められると想像されることから、Missionなんかのスタートアップは無いとは思うのだが、Electric GTなんてテスラワンメイクだしなぁ・・・。

なんて、予想のつもりが見事に発散してしまった。Moto GPチーム縛りを外すと、BMWなんて結構アリな気もするし。続報を楽しみに待ちましょう!