Volvo社が中国でEVを量産へ、2019年から

スウェーデンVolvo社は2017年4月19日、2019年に中国で電気自動車(EV)の量産を開始すると発表した。「上海モーターショー2017」で開いた記者発表会で計画を明らかにした。

当面はEVの主戦場は欧州・米国・中国になるとみられており、このたびVolvoが中国でEVを生産するというニュースもまあ当たり前といったところだろう。

広告

そして、その発表の場となった「上海モーターショー2017」はEVやPHEVを目玉としており、各メーカーも気合い充分だ。

残念だけど、もはや邪魔くさいカメラ小僧をかき分けても真面目に売る気も無さそうなガラパゴスなコンセプトカーばかり、あるいは商談スペースと化した海外メーカーのブースしか見ることができなくなった東京モーターショーはすっかり魅力を失っている。