リチウムイオン電池の15倍!カーボンナノチューブを使った新型電池

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 エネルギー・環境材料研究拠点 ナノ材料科学環境拠点 リチウム空気電池特別推進チームの久保 佳実チームリーダー、野村 晃敬 研究員らの研究チームは、リチウム空気電池の空気極材料にカーボンナノチューブ(CNT)を採用することにより、従来のリチウムイオン電池の15倍に相当する極めて高い蓄電容量を実現しました。

電極に空孔体積の多いカーボンナノチューブ(CNT)を用いることで、過酸化リチウムの析出量を増大させ蓄電容量を15倍に増大させた、ということが本研究の成果であるようです。

広告

こういう話を聞くと、素人的には多層型のCNTやフラーレン、グラフェンといった構造の異なる炭素分子を使うとさらに性能が上がるんじゃないかとか勝手に期待してしまいます。

これが実用化されると、いよいよ電気自動車がエンジン車に取って代わる日も遠くないと胸熱になりますが、エンジン関連の皆さん、ご安心ください!まだ研究室レベルの成果ですから、数ヶ月後に実用化されるというほどの差し迫った段階にはありませんよ。数年後はわかりませんが・・・。