ボッシュ、独EV開発ベンチャーと業務提携

ボッシュは、電気自動車(EV)開発のe.GO Mobile社と、ネットワーク化およびアフターサービスに関する業務提携を締結したことを発表した。

新規参入が相次ぐEV業界。

今回のニュースはボッシュが車両の製造を手がけるというものではないが、先日はDHLのEV参入のトピックしかり、やはりエンジンが無いということがこれほどまでに参入障壁を下げるものなのか。

大手メディアの報道ばかりを見ているとわかりにくいのだが、いま世界的に起きているダイナミックなEVブームは、うかうかしていると日本の基幹産業の屋台骨を揺るがしかねない事態になりそうな気がするのだが。

広告

日本では完成車メーカーの息がかかっているいわゆる系列企業では、親会社に気を使ってかマイクロEVなどのニッチ製品を手がけるに留まっているところが多いが、独立系の部品メーカーであれば車両開発に取り組むことのできるところはあるかもしれない。

こういう話題があると、日本でも電機メーカーあたりが産業界の空気を読まずにEVを手がけて、CESあたりでドーンとコンセプトカーを出展したりすると面白いことになりそうなんて妄想が膨らむのだが、もうどこもそんな体力は残ってないのかしら。