トヨタ、2020年までにEV参入へ

トヨタ自動車が平成32(2020)年までに電気自動車(EV)に本格参入し、量産を始める方向で検討していることが7日、分かった。トヨタのEV生産の具体的な計画が明らかになるのは初めて。トヨタの環境対応車はハイブリッド車(HV)や水素で走る燃料電池車が中心だったが、戦略を転換してEVも柱の一つに位置付ける。

EVはバッテリー性能の向上に伴い、欠点だった走行距離が大きく改善されてきた。トヨタはEVが将来的に重要なエコカーになるとの見方を示しており、平成24(2012)年には米国でEVを発売した実績がある。国内では街乗り用の超小型EVを手掛けている。

来ました、トヨタのEV参入表明!

先日、マツダがトヨタとEVに関してトヨタと協力するというニュースを取り上げたが、そういえばトヨタってEVに参入するって正式表明してたっけ?なんてモヤモヤしてたらコレですよ。

広告

正直、これまでトヨタがFCVなんぞにウツツを抜かしていて心配していたけど、ようやくEVがメインストリームになりつつあるという現実を直視してくれて率直に嬉しい!一刻も早く、先行する欧米勢よりも高性能・高品質なクルマを作り、日本勢の巻き返しを牽引してくれることを期待します。


ちなみにEVの参入状況は、日産は参入済み、ホンダは2020年、スバルは2021年、マツダは時期不明だけど参入表明済み、三菱は参入済み。

さて、あとはどのメーカーが残ってましたっけ・・・?やっぱり軽自動車とか商用車が主力だと、海外の環境規制の動向ってインセンティブにならないのだろうか。