EVは超高級車以外も400km超時代へ

電気自動車(EV)の難点の一つとされていたのが、充電1回当たりの航続距離の短さです。実際、米Tesla Motors社の「モデルS」など1000万円級の超高級EVでは、高価な電池を大量に搭載することで航続距離で500km超を達成していましたが、それより価格帯の低いEVでは300km未満が一般的でした。しかし、最近の状況を見てみると、どうやら超高級車以外のEVでも400km超の時代が近づいてきているようです。

それを端的に表していたのが、2016年9月下旬に開催された「パリモーターショー2016」です。日経テクノロジーオンラインのテーマサイト「クルマ」でも、そのショーで公開・発表された次期EVやコンセプトEVを数多く紹介しています。

2015年にマイナーチェンジをおこなった日産リーフは、バッテリー容量を24kWhから30kWhへ増大することで航続距離を228kmから280km(JC08)へ引き上げた。

一方、10月1日から販売が開始された新型BMW i3は、バッテリー容量を21.8kWhから33.2kWhへ増大することで航続距離390km(JC08)を達成した。

広告

2016年内にも発売予定のルノーZOEは、バッテリー容量を22kWhから41kWhへ増大することで航続距離400km(NEDCモード)を達成する見通しだ。

2017年初頭に発売予定といわれているシボレー・BOLT(と、その兄弟車であるオペル・アンペラe)は60kWhものバッテリーを搭載し航続距離は238マイル≒383km(EPA)。

そして今年の春、わずか1週間で32万台もの予約が入り日産リーフが5年間かけて築いてきた販売台数記録をあっさり抜いてしまったテスラ・モデル3は344km(EPA)であり、発売予定は2017年末といわれている。


リチウムイオン電池でコレだ。さらに全固体電池やリチウム硫黄電池などが実現するとバッテリーのコストパフォーマンスが現在の数倍に上がると言われているが、そんなものに頼らずともEVはここまで「使える」ものになった。

日本勢の出遅れがますます心配になる動向だが、このクラスの先駆者である日産リーフが2017年とも2018年とも噂されるフルモデルチェンジで巻き返してくれることを期待したい。