NextEV:最高出力1MWの電動スーパーカーがニュルに

ニュルブルクリンクは、どんなクルマがコーナーを駆け抜けて行くのか予想もつかない、魅力的な場所だ。そのニュルブルクリンクに、恐らく1メガワット(MW)を発揮するパワフルなNextEV社の電気自動車と思われるスーパーカーが突然姿を現した。

NextEVの電気自動車は、最高出力1MW(約1,360ps)以上を発揮し、0-100km/h加速は3秒以下になるという。同車は11月に公式デビューする予定で、中国や米国で限られた台数が販売されるようだが、将来的には他の市場でも発売される可能性もある。

広告

1メガワット=1360馬力。自動車の出力で1メガワットって何ですか?発電所っすか?

モンスター田嶋率いるAPEVのパイクスピーク・ヒルクライム用レーシングカーが1.1MWだったが、それに匹敵するバケモノマシン。馬力がすべてとは言わないが耳目を集めるには十分なインパクトである。

NextEVは欧州フォードの元社長が中華資本をバックに立ち上げた新興のEVメーカーであり、フォーミュラEにも参戦している。同社のWEBサイトには今回のテスト車両について何も触れられていないが、今後は何らかの形で露出が増えてくるはずだ。