【アンチじゃないよ、でも】「水素」に期待するのはやめよう

最近ちょっと盛り上がりに欠ける燃料電池車関連の考察。

上に取り挙げたブログでは『「水素社会」というものは、壮大な失敗に終わる可能性が高いのではないか』と考察している。その概要をかいつまむと以下のとおり。

  • 「水素」自体はエネルギー源ではなく、なんらかのエネルギー源を使って得られるエネルギー媒体であり、電気と比較して輸送・利用効率が劣っている。
  • 自動車における水素燃料電池は(ほぼ)電力としての利用価値しか無く無駄が多すぎる。
  • FCEVはEVに対して航続距離が長いことがメリットとして挙げられるが、水素ステーションの整備が進まない一方で電池性能の向上は著しく、FCVのアドバンテージは失われつつある。
  • EVはFCVやエンジン等に対して部品点数が少なく構造が単純で制御が容易なため、自動運転やネット接続との相性が良く、現在の技術トレンドを考えるとFCVに勝ち目はない。

この論説、EV Journalの見解と近いものがある。

加えて水素インフラについては現状では普及は極めて困難な状況だ。

広告

水素インフラ網は日本においてガソリンスタンドと同等レベル(30,000件程度)まで普及させるのに数十兆円規模の予算を要する(水素ステーション1基5億円 × 30,000件 = 15兆円!)。しかもおよそ自動車用にしか用途が無いときたもんだから、海外市場で受け入れられるとは考えられない。

また、その技術的難易度の高さから日系メーカー(主にToyota、Honda)の次なる競争力の根源と期待されている論説もあるが、皮肉にも参入障壁が高いが故に他メーカーが追随するような動きは乏しく、プレイヤーが揃わない=インフラ整備の社会的リスクが大きい、というジレンマに陥りつつある。

確かに過去の技術史を振り返れば必ずしも優れたものがメインストリームになるとは限らないので、瓢箪から駒的なきっかけで一気に普及する可能性も無いとは言い切れないが、上記を踏まえるとハッキリ言って素人目には正気の沙汰とは思えない。


なんだか、戦時中の大艦巨砲主義に突き進んだ状況とダブって見えるんだよなぁ・・・。考え直す時だと思うんだけど、これって「コンコルド効果」ってやつなのかなぁ・・・。