AppleのEVは中空バッテリーか

アップルは、自動運転の電気自動車(EV)向けに、円筒型で中空構造を持つリチウムイオンバッテリーを開発しているらしい。

このバッテリーは、内側部分が指2本ほどの入る空洞となっているのが特徴。通常のリチウムイオンバッテリーは内部が熱を持ち冷却装置が必要となるため、その点でこのバッテリーの方が優れていると考えられている。

広告

元記事が技術的にいまいちピンと来ない内容なのだが、どうやらバッテリーをチクワのような円筒形状とし、内部の空洞部分を利用した空冷式とすることで軽量化を図り、バッテリー搭載量を増大することができる、というものであるようだ。

一般的に、バッテリーの温度(≒性能)を緻密に管理するには水冷、軽量化には空冷が適しているとされるが、チクワ型バッテリーの性能は如何に。