ヤマハ「TRICITY」みたいな電動バイク「iTank」

「iTank」は、ヤマハ「TRICITY」のように、3輪なのに傾いて曲がれるバイク。「TRICITY」との違いは、「iTank」はガソリンエンジンではなく、モーターで駆動する電動バイクだということだ。

バッテリーには3,200mAhのリチウムイオンタイプを搭載。一回の充電に必要な時間は約6時間で、フル充電の状態で約100キロの走行が可能だという。

開発元のDoohan USAによれば、日本での出荷は2016年10月を目指しているそうだ。

3輪バイク+電動であればYamahaが真っ先に思い浮かぶが、このコンセプトはDoohanというスタートアップ企業に先を越されることになりそうだ。

広告

なんと、今年の10月から日本での発売も予定されているとのことだが、どのような販路となるのだろうか?

現在、Kickstarterのほうで資金を募っており、こちらでは詳細なCGやSPECを見ることができる。よく見ると100kmの航続距離は20km/h定地でのものであったり、オカシイ点があるのは中華系ならであり、豪華な仕様装備がどこまで現実のものとなるかは未知数だ。