Atievaの俊足ミニバンがi8を圧倒

市販版EVはセダンタイプを計画しているのに、なぜかミニバンでドラッグレースを仕掛けているAtieva。先日はTesla Model Sを打ち負かしたのに続いて、次はBMW i8に喧嘩を売りますよ。

メルセデス・ベンツのバン「ヴィトー」に最高出力900hp、全輪駆動のパワートレインを搭載したエドナの次なる相手は、BMWのハイブリッド・スポーツカー「i8」と、V10エンジンを積むダッジ「ヴァイパー」だ。

広告

まあスペック的に勝てる相手に勝負を挑んでいるので、勝って当たり前の出来レースなんだけど・・・。今回のAtievaは0-60mphは2.94秒とのことなので、Nissan GT-Rあたりが相手だとガチンコ勝負になりそう。

とはいえ、ミニバンの車体でこの性能はお見事だし、電動パワートレインの瞬発的性能のポテンシャルの高さを見せつける結果である。