富士重、国内メーカー初の4駆EVを21年に投入と報じられる

富士重工業<7270.T>が反発。きょう付の日刊工業新聞で、「国内大手自動車メーカーで初めて4輪駆動(4WD)の電気自動車(EV)を商品化する」と報じられたことが好材料視されているようだ。

記事によると、2021年に米国市場に投入する予定で、スバル車の特徴である走りの良さを訴求し、EVの拡販につなげるという。4WDのEVは米テスラ・モーターズなど一部の海外メーカーに限られているが、スバルらしさを打ち出すことで、国内外の消費者にアピールする方針のようだ。

広告

情報が遅〜いEV Journalを見てスバルの株を買うと高値掴みになるかも。エコ一辺倒ではなく、「走りの良さを訴求し」というところをきちんと抑えているところも期待できます。