メルセデス:電気自動車のみの新ブランド設立を計画中

ダイムラーの高級車部門メルセデス・ベンツは、同じドイツの自動車メーカーであるBMWに続き、電気自動車(EV)を専門に展開する新ブランドの立ち上げを計画しているようだ。

さしずめ、メルセデス・ベンツ版の「i」ブランドという位置づけだろうか。

広告

マスターブランドであるメルセデス・ベンツの下で、サブブランドを展開するメリットとしては、マスターブランドの品質や信頼性などを保ちつつ、思い切った商品ラインナップやコンセプトを展開することができるというメリットがありそうだ。

このところドイツ御三家をはじめとする欧米勢は官民を挙げて思いっきりEVにシフトする構えを見せているが、日本勢は果たして大丈夫なんだろうか・・・。