エアバスが3Dプリンターでガイコツみたいな電動バイクを

エアバスの子会社APWorksが3Dプリンターで製作した電動バイク「Light Rider」を発表しました。重さ35キロで最高時速80キロ、ガイコツのような見た目が特徴的です。同社によれば「世界初の3Dプリンター製バイク」です。

広告

価格は約618万円にものぼるということで、普通の人がおいそれと買えるものではない。とはいえ、AIRBUSにとってはあくまでも航空機の技術構築が目的であり、2輪ビジネスを手がける気は毛頭無さそうではあるが。

ただ、もうちょっと真面目にやるとソコソコのものを作れるような雰囲気もあり、これがEVビジネスの面白いところでもあり怖いところでもある。