オランダで電気自動車以外の販売を禁ずる法案が可決の見通し

  • オランダで、2025年までに電気自動車(EV)以外の車両の販売を禁止する法案が可決される見込みであると報じられた
  • この法案は「化石燃料を燃焼させて動力源にするタイプの自動車を新たに販売することを2025年までに禁止する」というもので、オランダの下院議会に提出されて賛成多数の状況にあるという
  • 水素を燃料として電力を取り出す燃料電池(FC)車両は規制の対象にならないため、販売が許可される見込み

内燃機関は2025年までに販売禁止

オランダは九州ほどの狭い国土と再生可能エネルギーの利用率の高さ、電気自動車普及政策を積極的に採っていることなどから、EV化には適していると言われている。

広告

ずいぶんと思い切った政策に思われるが、世界的に次世代自動車の趨勢は明らかにPHEV/EVに傾きつつあるので、そうおかしな話でも無いだろう。

この動きがEU全体に波及するかどうかが注目だ。