Tesla Model 3:約390万円で航続距離345km

米Tesla Motors社は米国時間の2016年3月31日、新型の電気自動車(EV)「Model 3」を発表した。外観デザインを披露したのは今回が初めて。

予約開始から24時間で11万5000台受注

上位モデルのModel Sは年間生産台数が5万台程度といわれているから、すでにその2倍程度の台数に達しているようだ。

Teslaは2010年代後半までに年間生産台数50万台という目標を掲げているが、この目標は難なくクリアすることになりそうだ。

エクステリアとインテリア

エクステリアについてはフラッグシップであるModel Sのデザインを踏襲しているという。大きく異なる点としては、ラジエーターグリルの開口部が小さく抑えられていること。これにより若干アメ車っぽいバタ臭さがありつつも、ヌペッとしたいかにもEVという感じの近未来的な造形となった。

広告

インテリアで目を引くのは、大型のディスプレイだ。Model Sではディスプレイがインパネに埋め込まれていたが、Model 3では浮き上がったようにマウントされている。

interior

6つの特徴

  1. 航続距離345km
  2. 0-100km/hは6秒以下
  3. 乗車定員:大人5人
  4. 自動車安全性評価で5つ星を目指して開発
  5. 段階的に自動運転機能を追加
  6. スーパーチャージ対応

店舗には店頭予約の行列も

Appleストアかいな!?

Gizmodeが報じたところでは、青山の店舗前には店頭予約を待つ顧客が行列を作っていたという。お金持ちにとっては、クルマもiPhone買うような感覚なのか!?

teslaaoyama