自動運転車レース「Roborace」の近未来的デザイン

Image by Chief Design Officer Daniel Simon / Roborace Ltd.

電気自動車によるカーレース「フォーミュラE」内で行われる自律走行車レースの、専用車デザインが発表された。

ハードウェアはワンメイク

車体デザインはアウディやベントレー、ブガッティなど、実存する車のプロジェクトにも関わったダニエル・サイモン氏。

自動運転レースともなればドライバー保護のためのロールバーやセーフティセルなどが不要となり、車体デザインの自由度は飛躍的に向上する。

広告

レースの狙いは

ズバリ自動運転技術(自動車AI)の進化。そのためには、ソフトウェア開発者の技術を磨いてもらう必要があり、従来にはない派手な競争の舞台を設けようというというのが狙いのようだ。

開催時期や参加チームは未定

RoboraceはFormula Eのシリーズの中で併催されるようだが、いつ、どんな形でレースがおこなわれるかハッキリしていない。


 

ここまでくると、かつては「走る実験室」といわれたF1が未だにエンジン音を轟かせて走っていることが、今や前時代的に見えてしまうのだから困ったもんだ。