シトロエン、Eメアリをフランスで発売

昨年末にシトロエンが発表したユニークなオープン・ビーチカー「Eメアリ(E-MEHARI)」が、フランスで発売されることになった。

バッテリーはリース式

Eメアリのバッテリーはシトロエンではなく、ブルーソリューション社に月に€79(約1万円)の料金を支払うことでリースで提供される。同社はバッテリーパックの販売は行っておらず、レンタルのみで提供している。

 

ただ、知る限りバッテリーレンタル式のEVで成功した事例がほとんど無いので、このビジネススタイルが市場に受け入れられるかは未知数だ。

広告

主要諸元

  • 最高時速:110km/h
  • 航続距離:200 km(NEDC市街地モード)
  • 充電時間:8時間(16Aソケット)/13時間(10Aソケット)
  • 最高出力:50kW
  • 定格出力:35kW
  • 二次電池形式:金属Liポリマー電池 30kWh

気になるところとしては電費。バッテリー容量が30kWhもあるのに航続距離は200kmしか無い。

走行モードが異なるとはいえ、バッテリー容量が同じであるNissan Leafの航続距離が280kmであるに対して30%程度も劣るというのはどういうことだろう。

車両価格:€25,000(約315万円)※バッテリー除く

Leafがバッテリー込みで320万円程度であることを考えると高い。

動画を見るとオシャレなのだが、この質感で300万円オーバーは正直厳しい。


皮肉にも、ライバルが現れるとNissan Leafの完成度の高さに改めて感心してしまうのであった。