BMW i と現代アートがコラボ

リゾートホテル1泊2日宿泊券をプレゼント、瀬戸内国際芸術祭応援キャンペーン実施中。

豊かな自然、現代アート、そこに暮らす人々の英知を融合したかつてないプロジェクト、瀬戸内国際芸術祭。
「あるものを活かし、新しい価値を生み出す」というそのコンセプトが、サステイナビリティ(持続可能性)の追求というBMW i の理念に通じることから、BMW i は「瀬戸内国際芸術祭2016」をサポートしています。

BMW × 現代アート

BMW iは春から秋にかけて総計108日間の会期で行われる「瀬戸内国際芸術祭2016」に協賛する。

広告

瀬戸内国際芸術祭は、美しい瀬戸内海の島々を舞台に3年に一度開催される現代アートの祭典であり、直島、豊島、小豆島などの瀬戸内海の離島を舞台に開催されている。草間彌生、横尾忠則、大竹伸朗、ジェームズ・タレル、安藤忠雄、妹島和世等々、内外の著名な芸術家や建築家の作品をゆったりと楽しめるアートイベントだ。

期間中はオリジナルのラッピングを施したi3が、豊かな自然溢れる瀬戸内海の島々を駆け抜ける。


アートとEVどちらも体験したい人は

i3はオフィシャルカーなのでレンタルはできないが、一般の観光客はHondaのEV-NEOをレンタルすることができる。島内は狭い路地が多いので、天候に恵まれれば電動バイクの移動は快適であるだろう。

貸し出しが始まった電動ミニバイク(香川県土庄町の豊島で)