無限:2016年マン島TTレース3連覇を狙う

無限(株式会社M-TEC 代表取締役:橋本 朋幸)は、本日、今年度マン島TTレースに参戦する新型マシン「神電 伍(SHINDEN GO)を発表させて頂きます。

EVレーサーの進化は止まらない

今年はマン島TT三連覇を目指すということで、過去のモデルと主要諸元を比較することで今年のレースを占ってみよう。

神電伍

MUGEN-shinden5-FR

神電四

shinden4_FR_s

神電参

広告

SPEC.
モデルイヤー 2016 2015 2014
全長/全幅/全高(mm) 2,125/680/1,130 2,125/680/1,130 2,125/680/1,130
最低地上高(mm) 130 130 130
シート高(mm) 810 790 810
車両重量(kg) 250 250 260
タイヤ(前) 120/70ZR17M/C(58W) 120/70ZR17M/C(58W) 120/70ZR17M/C(58W)
タイヤ(後) 200/55ZR17M/C(78W) 200/55ZR17M/C(78W) 200/55ZR17M/C(78W)
フレーム CFRP製モノコックフレーム CFRP製ツインスパータイプ CFRP製ツインスパータイプ
 モーター形式 油冷式三相ブラシレスモーター 油冷式三相ブラシレスモーター 油冷式三相ブラシレスモータ
 最高出力(kW[PS])  120[163.2] 110[149.6] 100[134]
 最大トルク(N・m[kgf・m]) 210[21.4]  220[22.4]  220[22.4]
バッテリー仕様 ラミネート形リチウムイオンバッテリー ラミネート形リチウムイオンバッテリー ミネート形 リチウムイオンバッテリー
 バッテリー出力(V)  370以上  370以上 370以上

ここ数年の傾向として、車体のサイズやモーター、バッテリーの形式はほとんど変化していない一方で、最高出力は年々向上している。

かねてからマン島TTのEVのレーサーは「バッテリーの制約によりフルパワーで走ると1周もたない」と言われてきた。したがって、年々向上する出力の背景には、バッテリー性能の進化と効率向上、そして車体軽量化の恩恵があるのではないかと推測される。

出力の向上がそのままラップタイムにつながるわけではないが、今年は優勝どころかミドルサイズのガソリン車クラスの一角に食い込めるぐらいのラップタイムを叩きだしてくれるのではないだろうか。

なお、今年のマン島TTレースは現地時間5月28日から6月10日までの期間で開催され、神電伍が出場するTT ZEROクラスの決勝は6月8日に開催の予定。