次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

四輪

ホンダ 電気自動車2020年めどに本格参入

更新日:

世界各地で自動車の環境規制の強化が見込まれることを受けて、「ホンダ」は2020年ごろをめどに、走行中に二酸化炭素や有害物質を出さない電気自動車の販売に本格的に乗り出す方針を明らかにしました。

地球温暖化につながる二酸化炭素の排出や深刻な大気汚染を受けて、今後、欧米や中国などで環境規制の強化が見込まれ、自動車メーカー各社は次世代のエコカーの開発を競っています。こうしたなか、ホンダは電気自動車をエコカーの柱の一つに位置づけ、2020年ごろをめどに本格的な販売に乗り出す方針を明らかにしました。

電気自動車はバッテリーに充電した電気で走行し排気ガスを出さないのが特徴ですが、ガソリン車に比べて一度に走行できる距離が短いのが課題となっているため、ホンダではバッテリーの容量を増やし走行距離を大幅に伸ばすことを目指すとしています。これまでホンダは次世代のエコカーとして、水素で走り水しか排出しない燃料電池車を主力に位置づけていましたが、家庭でも充電できる電気自動車も柱の一つに加えることにしたものです。

広告

電気自動車を巡っては、日産自動車や三菱自動車のほか、アメリカのテスラモーターズなど新興メーカーも参入していますが、これにホンダが加わることで開発競争がさらに激しさを増しそうです。

HondaがEVに本格参入

近ごろ欧米メーカーが急激にEV/PHEVのランナップを拡充する動きに出ている理由のひとつとして、近いうちに施行される米国カリフォルニアのZEV規制や欧州のCO2総量規制などへの対応を急いでいることが挙げられる。

そんな中、これまでToyotaとHondaは次期環境規制にFCVで対応するような動きをとってきたが、さすがにこのままでは旗色が悪すぎると判断したのだろうか?それとも技術的な進歩があったのか?

広告

広告

-四輪
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.