次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

企業

ダイソンが電気自動車を開発中か

更新日:

サイクロン方式の掃除機などで有名な英家電メーカーのDyson(ダイソン)が英政府の資金援助の元で新方式のバッテリーを搭載した電気自動車の開発を進めていることが、英政府が公開した資料によって明らかとなった。

この文書によると英政府は、ダイソンによる電気自動車開発プロジェクトのために1億7400万ポンド(約280億円)の資金を拠出したとしている。

英政府によると、ダイソンによる電気自動車生産が開始された場合、500名の新規雇用効果が生まれる他、AppleやGoogleが進めている次世代の電気自動車開発競争に英国企業が名を連ねることができるようになると述べている。

「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」でおなじみの英国・ダイソンが、電気自動車を開発中であるとの見方が英ニュースメディアGuardianによって報じられた。

広告

この記事は英国政府発行の「国家インフラ整備計画( 2016-2021)」にダイソンについて次のような記述があることに基づいているようなのだが、電気自動車については触れられおらず、ソースとしては不自然である。

The government is providing a grant of up to £16m to Dyson to support research and development for battery technology at their site in Malmesbury.(政府はマームズベリーでバッテリーの研究開発をおこなうダイソンに対して助成金を拠出している)

これが「飛ばし記事」なのか何かしらの示唆を含むものか分からないが、AppleやGoogleなどと同様に、これまでに自動車に縁の無かった企業がEVに興味を持っているということを改めて示すものだろう。

広告

広告

-企業
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.