次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

四輪

シボレーは新型EV BOLTの量産試作車を製造中

投稿日:

Model 3のお披露目のおかげで新型EVの話題は全てTeslaに持って行かれた感があるが、CHEVROLETのBOLTは2017年のラインオフに向け着々と準備を整えつつある。

i3やModel 3に挑む

Boltは航続距離200マイル(約320km)、価格は$37,500(約419万円)を目指しているとされ、間もなくモデルチェンジを予定しているBMW i3やTesla Model 3などと競合するモデルとなりそうだ。

車体はオーソドックス

今回公開された動画によれば、BOLTの車体は従来の自動車と同様に鋼板から構成されているものと思われる。

広告

このへんは軽量化のためにCFRPを多用したBMW i3や、アルミニウム材で構成されたTesla Model Sとは対照的である。

BoltWhiteBody

ちなみにTeslaもModel 3ではコストダウンの観点から車体の構成部材に鋼板を多用しているようである。

model3whitebody

一世代前のEVであれば航続距離のためには軽量化、軽量化のためには特種材料を使う、というアプローチであったのが、ある程度バッテリーの性能が熟れてきたせいか汎用材料でもソコソコの性能とコストをバランスすることができるようになってきたように見受けられる。

広告

広告

-四輪

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.