次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

モータースポーツ 四輪

【パイクスピーク2016】改造EVクラスリザルト

投稿日:

6月20日から6月26日にかけ、アメリカ・コロラド州でパイクスピーク・インターナショナルヒルクライム(PPIHC/通称:パイクスピーク)が開催された。

パイクスピークの初めての開催は1916年。つまり今回は100周年記念大会となる。今大会はその記念すべき大会として、エントリーを100台(4輪65台、2輪・ATV等35台)に絞っての開催となった。

その伝統あるレースの中でも、ガチンコ度合いが高いのが改造EVクラスである。2016年のリザルトは以下のとおり。


3位:2016 Tajima Rimac E-Runner Concept_One

「モンスター」こと、田嶋 伸博選手は、今年は改造EVクラス3位、総合5位だった。

田嶋選手の今年の参戦車両は、「2016 Tajima Rimac E-Runner Concept_One」。田嶋選手が代表のタジマモーターコーポレーション、SIM-Drive、RIMAC AUTOMOBILI(クロアチア)の3社が共同開発したEVレーシングカー。

160705_04

今年こそは総合優勝かと期待されたTEAM APEV with MONSTERSPORTは惜しくも3位。

バッテリーの温度上昇にまつわるトラブルと、雹が降るという悪天候で苦戦を強いられたようだ。

2位:NSX EV 2016 4-Motor EV Concept

日本時間の6月27日、米国で決勝レースが開催された「第100回パイクスピーク国際ヒルクライム」。新型アキュラ(ホンダ)『NSX』モチーフのEVレーサーが、改造EVクラス2位、総合3位の成績を収めた。

広告

160705_03

SH-AWD次込みのトルクベクタリングだけでなく、後輪のトー角を左右独立に制御するという技術力を見せつけたHonda。

ワークス参戦では無いせいか、そもそもパイクスのEVレースに興味が無いのか、せっかくの好成績にも関わらずHonda本体からの情報発信が乏しいのは寂しい限りだ。

1位:2016 eO PP100

19288609042_79e9f537d9_z

1位は昨年に続いてラトビアのeOが獲得した。

昨年のマシンは、薄いYASA社製モーターを3基繋いで1軸に出力するシステムを前後に搭載(6基)していたが、今回は後軸側のモーターを4基繋いだものに変更(合計7基)したものが投入されたという。


改めて見ると、ほぼ何でもアリのこのクラスにおいて、曲がりなりにも市販車の面影を残しているNSXが2位という戦績を残したことは賞賛されるべきであろう(パワートレインは量産とは全く異なるが)。


余計な風切り音などが入っておらず、EVレーサーの狂気性を堪能できる動画。

 

広告

広告

-モータースポーツ, 四輪
-, ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.