次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

イベント

『EV一番塾2016』好評につき再度開催!

投稿日:

2016年11月に自動運転電気レーシングカートレースを開催。
今、自動運転のことを本気で知りたい参加者募集中!

開催概要

日時:2016年4月16日(土)13時〜17時

場所:日本科学未来館会議室(東京都江東区)

参加費:4,500円(日本EVクラブ会員は4,000円)

定員:50名(申込受付順、定員になり次第締切ります)

締切:2016年4月11日(月)スケジュール

Aプログラム

「いま、なぜ自動運転なのか 世界の自動運転車をめぐる状況」

開会挨拶 13:00〜13:10 日本EVクラブ事務局

講演 13:10〜14:30 鶴原吉郎氏 オートインサイト株式会社代表(元日経Automotive Technology編集長)

質疑 14:30〜15:00 司会/舘内端(日本EVクラブ)

Bプログラム

「地上のドローン(自動運転車)レース説明・討論会」

広告

説明 15:10〜15:40 日本EVクラブ事務局

ディスカッション 15:40〜17:00 司会/舘内端

「隗より始めよ」を実践

自動運転について論ずるのみならず、自動運転車レースを企画し実際に車両を製作しようという試みである。これこそ、EVクラブが標榜する「隗より始めよ」の精神を体現するものといえよう。

ここまで来ると、もはや単なる市民団体の活動ではなく、DARPAグランド・チャレンジのように大学やメーカー技術者のスキルアップや技術交流の場として盛り上げていくのも面白いのではないだろうか。

DARPA

自動運転車はベッテルを越えるか

先日、囲碁の人工知能「AlphaGo(アルファ碁)」が人間のプロ棋士を破ったというニュースがあった。

そういえば、東京モーターショー2015ではYamahaが「バレンティーノ・ロッシに追い付け追い越せ!」という目標を掲げて、MOTOBOT Ver.1を公開した。

となれば、EVクラブが掲げる自動運転車もいずれはセバスチャン・ベッテルとガチンコ勝負をする日が来るのかもしれない。

ROBOROSSI

 

広告

広告

-イベント
-, ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.