次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

テクノロジー

「電池なし」の電気自動車で有人走行

投稿日:

豊橋技術科学大学と大成建設は一般的なアスファルト舗装に近い構造で道路を電化し、その上をバッテリーレスの電気自動車で有人走行することに成功した。道路に埋設した電極からタイヤを通じて送電する仕組みで、バッテリーレスの電気自動車を使った有人走行の事例は世界初になるという。

今回の実験は、電力を伝送する金属板を埋め込んだ「電化道路」から1人乗りのEVに給電するものである。

広告

EV Journalが考える本技術のメリットは

  • 車両に搭載するバッテリーを廃止することでコストダウンと軽量化が図ることができる
  • タイヤから送電するため他の給電方式に比べて位置ズレに強く、異物が近づいても発熱などの危険性が少ない

一方で短所は

  • 道路のインフラ整備や道路のメンテナンスコストが高くなるため、バッテリーコストが低下すると優位性が無くなる。
  • インフラとセットでの運用となるので、室内輸送や旅客輸送など走行ルートが限定される用途にしか使うことができない

であると思われる。

広告

広告

-テクノロジー
-

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.